スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本棚表示用の表紙画像と白紙をスキャンする

今回は、i文庫HDなど本棚にサムネイル画像を表示する際に使用する「表紙画像」と

見開き表示対策として「白紙画像」を取り込むテクニックをご紹介します。



表紙画像

ADF(自動取り込みスキャナ)を使用されている方は、

おそらくカバー表紙を一枚まるごと取り込んでいると思います。

ただ、そのカバー表紙を、一番若いファイル名たとえば「0000.jpg」)として保存している場合、

i文庫HDでは一番若いファイル名をサムネイル画像として認識するため、

ちょっと不恰好なサムネイル表示となります。

本棚 サムネイルがあるのとないのと

じょしらくズーム
※ヤス先生「じょしらく」のサムネイル。
 左が本棚表示用の画像がある場合、左がない場合。


そこで、本棚表示用に、カバーを折ってスキャナを行いしょう。


背の情報(タイトルと作者名が縦にかかれた箇所)を取り込む場合は、

折り曲げて片面だけスキャナするだけでいいのでお手軽です。



すでに取り込み済みで、「横長カバー画像を一番若いファイル名に設定しちゃったよ!」という方は

本棚表示用の画像を以下のようなファイル名にすればOKです。


横長カバー画像ファイル名が「0000.jpg」の場合、

「000.jpg」と、0を一つ少なくしてください。




また、すでに取り込み済みで「もうカバー画像捨てちゃったよ!」いうかたは

・・・横長カバー画像をトリミングして、新たに画像を作成してください。

自分は何冊かはその作業を行いました。



白紙画像

横長表紙画像の後に白紙の画像がないと

漫画を見開きで読む場合、漫画を紙で読むのとデータで読むのとで1ページ分のズレが発生しますので

見開きページが正常に表示されません。

その問題を回避するため、白紙画像を用意します。


白紙画像がある場合とない場合とで実際に閲覧すると以下のようになります。

※最初が白紙あり、次が白紙なし。
 i文庫HDには白紙画像が入っていない場合、1ページ分左または右にずらす機能ボタンがあります
 けど、閲覧時に毎回その機能ボタンを押さなければいけないとなると、
 閲覧時のテンションが下がるものです。



ただ、いちいちスキャンしたフォルダに白紙のデータ画像をコピーするのはとても手間ですので

白紙画像取り込み用の紙を用意します。


白紙用の紙は、各原稿サイズ(A5、B5、書籍サイズ等)を、手元に用意しておくといいでしょう。

取り込み箇所は、横長表紙画像と、漫画の中身、の間に入るように

片面スキャンします。




すでに取り込み済みで、「ファイル名連番に設定しちゃったから白紙が入らないよ!」という方は

白紙の画像を以下のようなファイル名にすればOKです。


横長表示画像ファイル名が「0001.jpg」
漫画の中身最初のページファイル名が「0002.jpg」の場合、

白紙画像を「0001-.jpg」と、ハイフン「-」をつけて保存してください。





いかがだったでしょうか。

今回のテクニックも、電子化の満足度を上げるテクニックでしたが、


このテクニックを入れておけば、後々電子化での不満がなくなると思います。

まだ行っていない方は、早い段階でお試しください。



次回は
「インターネット上にアップした漫画データファイルを、Safariから直接マンガビュワーで閲覧する方法」
「おすすめ自炊フリーソフトの紹介」
「筆者の漫画電子化一連作業の紹介」

のいずれかを書こうと思います。


また、紹介して欲しいことがあれば「コメント」または「ツイッター」で、ご連絡ください。
スポンサーサイト
プロフィール

白

Author:白
スキャナ:DR-2510C
裁断機:PT6176
スキャンソフト:BTScan
画像加工:藤 -Resizer-、ChainLP
保有漫画:約5000冊

@kuhaku_sanでツイッターもやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。