スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンした画像の加工

今回は加工のテクニックです。



スキャンした画像をうまく加工をすれば

スキャンしたままの画像より

自分にあった画像へ修正することができます。



しかしどのような見え方がベストかは

その人によって全然違います。

焼けたマンガでもそのままの状態にしたいと思う方もいらっしゃるでしょう



そのため加工の仕方は自分でなんども試し、

自分にあったやり方を見つけるのをおすすめします。



ただ、それを言ってしまうと記事にはなりませんので

ここでは自分の加工手順を記述しようと思います。


※注意
 ̄ ̄ ̄
 今回は加工元ファイルを「bmp」または「jpg」形式として説明しています。

 PDF形式をご利用の方でこの方法を真似する場合は
 『Adobe Acrobat』等で「jpg」に変換してください。

 また、対象ユーザを『Windows』に限定しています。





0 この加工方法に適している人

・時間がない人

・メンドくさがりやな人

・そこそこのクオリティを求める人

・CPUスペックが低いPC(※)で漫画をスキャンしている人


※スペックが「Pentium4」や「Core 2 Duo」などを使用している方


いづれか一つでも当てはまっていれば大丈夫です。

逆にひとつも当てはまっていなければ

そもそもADFスキャナを利用していないと思います。




1 事前準備

用意するもの

・順番に正常に取り込めているスキャン画像データ

藤 -Resizer-(一括画像加工フリーソフト)

以上です。


スキャン画像のあるフォルダは以下のようになっているといいでしょう。

画像保存フォルダ 


藤 -Resizer-をDLして解答するとでてくる『wisteria.exe』というファイルが

画像加工ツールの実行ファイルです




2 設定

藤 -Resizer-初期画面の設定値は以下のようにしています。

藤初期画面 

サイズ比は見開きを多用する場合

ビューワのハードウェアに合わせるといいと思います。

(2010/07/17 追記)

なお、「縦横比を維持する」のチェックは絶対に外さないようにしてください。

縦横比が狂うと非常に見づらくなります。



例えばiPadで『見開き用』の場合2:3に、

『1ページ表示用』の場合3:4にするといいでしょう

自分は見開きを多用するので

A4もB5も新書サイズも画像ファイルのサイズを 1024×1536 に設定しています。

※512×1024だと、縦表示させたときに多少ぼやけて表示されます。


(2010/07/17 追記)

条件のセレクトは特殊なサイズの漫画でなければ「短辺基準」のままでいいと思います。

スキャンした画像のサイズが『横2』とした時『縦3以下』の場合は
リサイズ条件を「短辺基準」

横2』とした時『縦3以上』の場合は
リサイズ条件を「高さ基準」がベストかと思います。





ポイントは「ファイル名の生成規則」の欄で

ここは元のフォルダ名、ファイル名をそのままにして保存したい場合

[保存場所上位階層]\%r\%n.jpg

としましょう。

自分は『C:\Users\white\Documents\スキャナ取り込み加工データ\%r\%n.jp』としています。




以下藤 -Resizer-の設定です。

藤せってい 


以下藤 -Resizer-の『白黒にしたい原稿用』効果です

藤しろくろ 

(2010/07/17 追記)

『カラー原稿用』効果はすべてのチェックを外します。



以下藤 -Resizer-の効果値です。

藤1 
藤2 
藤3 
藤4 
藤5 
藤6 




3 加工する

基本的にカラー原稿と白黒にしたい原稿と別に加工します。

上質紙(白くて綺麗な紙、BLADE COMICSなどで使われている)を使用している単行本は
 カラー原稿用の効果設定で全ファイル加工しても問題ありません


(順番はどっちからでもいいですが)まず最初にカラー原稿を加工します。

カラー原稿を以下のように選択して、

カラー原稿ふぉるだ  

『カラー原稿用』の効果設定にして

藤 -Resizerにドラッグアンドドロップしてください。

縮小・画像加工処理が始まります。


終わったら白黒にしたい原稿を以下のように選択して

白黒原稿 

『白黒にしたい原稿用』の効果設定にして

藤 -Resizerにドラッグアンドドロップしてください。


※そこそこ時間がかかります。


以上でこのようなフォルダが生成されます。

フォルダ加工後 


サムネイル画像を見て頂ければおわかりかと思いますが、

元々の茶色がかったスキャナ画像が白黒化しました。

また、裏写りもほぼなくなっています。




4 圧縮する

あとは対象のフォルダをzip圧縮すればOKです。

圧縮率は 0% でやらないと展開時間が多少かかるため、0%をおすすめします

WindowsXPなどエクスプローラで、表示メニューを「縮小版」にすると

Thumbs.db』という余計なファイルが作られますので

ツール/フォルダオプションの「表示」タブをクリックし

縮小版をキャッシュしない」にチェックして

Thumbs.db』の自動生成しないようにするといいと思います。



または『隠しファイルは圧縮しない設定』にできる

フリーの圧縮ソフトで圧縮してみてください。





以上で加工は終わりです。



「斜めに取り込まれた画像の補正は!?」

「裏写りを完璧になくしたい!」

「黒ポチが入ってる!消したい!!」




など凝りだしたら時間がいくらあっても足りません。

一般の方であればこの位の加工を行えば充分満足されるのではないでしょうか。





今回は「加工方法を教えて欲しい」といった要望がありましたので書きました。

いかがだったでしょうか、また要望がありましたら

blogコメントなりTwitterなりにてご連絡ください。
スポンサーサイト
プロフィール

白

Author:白
スキャナ:DR-2510C
裁断機:PT6176
スキャンソフト:BTScan
画像加工:藤 -Resizer-、ChainLP
保有漫画:約5000冊

@kuhaku_sanでツイッターもやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。