スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁断機で斜めに切断・切れないようにする解決方法

今回は裁断機を使って裁断するときに発生する

「切り口が斜めになる」問題を解決します。

今回の記事は「PK-513L」「PT6176」両方対応です。



個人用の裁断機「PK-513L」「PT6176」を買ったままの状態で裁断すると

切り口が斜めになります。


PK-513L」では表から裏にかけて

PT6176」は表から裏にかけて背の上部と下部で顕著に違いが出ます。


なぜ背の上部と下部に差が出るかというと、垂直に下ろすのではなく上部から下部にかけて切る方式だからです、


(参考画像:PT6176初期状態)
画像がぼやけてすみません 

※画像がぼやけていてすみません
 上が背の上部、下が背の下部です


しかし!
今回書いた記事の通りにすると以下画像のように非常に差がなく綺麗に切れるようになります。


(参考画像:PT6176対応後)
対応後 

※上が背の上部、下が背の下部です
 上が曲がっているように見えますが、切り口はまっすぐです。



それでは対応方法を記載します。

用意するもの 
  1. 厚さ1mmのゴムシート
  2. 厚さ5mmのゴムシート

(参考画像:ゴムシート)
ゴムシート


以上です


ゴムシートは以下のうようなものです。
東急ハンズや街のホームセンターに売ってると思いますが、自分はここで買いました。

「ゴム・クッション本舗」

環境配慮型ゴム粘着付【幅30mm×長さ300mm/厚さ1mm】 白 420円

環境配慮型ゴム粘着付【幅30mm×長さ300mm/厚さ5mm】 白 647円



ホームセンターではもっと安く売ってると思います。

粘着型が売ってなければ両面テープを使用します。

なお、ゴムシートはでかいのではなく、リンク先のように細長いのにしてください。

理由は後ほど説明します。





使う場所を説明します。


1mmの方は裁断機で本をおく方

5mmの方は裁断機で本を押さえる方に取り付けます。


(参考画像:ゴムシートの取り付け箇所)
あかいとこ 
押し付けるとこと、本を置く箇所に取り付け。


(参考画像:ゴムシートの取り付け箇所ズーム)
IMG_022_5.jpg  
赤いとこがゴムです。


役割を説明します。


ずれる原因ですが、どんなに強く抑えても摩擦の少ない鉄と紙ですので

強い力で圧力がかかると摩擦によりズレが生じます。

なので摩擦の大きい(ズレにくい)ゴムを使う、ということです。



下部に1mmのを使用したのは、1mm以上の厚さがあると、

切る際にゴムと台と段差が生じてズレが発生するためです。

あまり薄すぎてもすぐにゴムが馬鹿になるので1mmが丁度いいです。




また、押さえる側に5mmのを使用したのは

押さえる側はできるだけ強い力で抑えた方がいいのですが

強すぎると押した跡が本の方に写ってしまいます。

跡が残らないようするにはにゴムをできるだけ厚くすればOKです。

3mmでもいいかもしれません。





以上、良い事ずくめですが一点注意することがあります。

強く抑えたまま長時間放っておくと

ゴムシートと本がくっついてしまい、文字インクが剥がれる可能性があります。

なので、裁断したらすぐに裁断機から取り出しましょう

なお、取り出す際は十分に台と押さえ金具を引きはなして、優しく取り出してください。

急いで引き取ると破れてしまうことがあります。





細長いゴムシートではなく、本よりも面積が広いゴムシートを使うと

本を取り出すときベッタリとくっついてしまう可能性がありますので、

はさみなどで切って使用してください。




非常に簡単ですが、効果はてきめんですので

裁断機をお持ちでまだ実装してない方は是非試してください。


次回はスキャナでスキャンするときカバーを外した中身の表紙の取り扱いを説明します。



カバーを外してそのまま裁断して、背の部分を捨ててないでしょうか?

背にもいろいろな情報が詰まってます
鋼の錬金術師 は、その巻で死亡したキャラクタなどがわかります)。

背もきっちりADF(自動読み取り)スキャナで残しましょう!




商品リンクを修正しました

コメントの投稿

Secre

No title

PT6176持ちです。素晴らしい記事ですね~、大変参考になりました。ありがとうございます。ゴムシート、早速、明日買いに行きます。

No title

こんにちは、ブログの記事全て読ませていただきました。
動画付きでどれも非常に参考になる記事でした、ありがとうございます。

ただ、この記事に関してですが、
拡大写真を見たのですがどのようにゴムシートを貼っているかがいまひとつ理解できませんでした。
(写真のどの部分がゴムシートになっているかよくわかりませんでした)

こちらはPK-513を使っているのですが、
もしよければゴムシートの貼る位置などを再度解説していただけると幸いです。

では、今後の更新も楽しみにしています。

No title

>PK-513ユーザー さん

こんにちは
写真はPK-513LではなくPT6176です

PK-513Lであれば、LED光源の手前におくといいと思います。
いきなり両面テープ等でくっつけず、
何度か試してベストなポジションをセットするといいと思います。

また開設しますね

No title

返信どうもありがとうございました。

写真がPT6176というのはわかっていたのですが、
どうも「どの部分がゴムシートなのか?」がよくわからず質問しました。

ただ、何回か写真を見直しているうちに、
ゴムシートがどの部分に当たるかは大体理解出来たような気がします。

とりあえず自分でも買ってきて試してみたいと思います。


最後に今後の更新についての要望ですが、
出来ればスキャン後の画像加工などについても解説をしてもらいたいです。

レベル補正などで白黒の調整をしているのですが、
あまり加工基準などがわからず適当にやっているので・・・

では、今後とも更新を楽しみにしています。

No title

電子化でいろいろ探している内に行き着きました。
裁断機も迷っていたので、非常に参考になり助かります。

私もPK-513ユーザー様と同様に、
上記画像だと、いまいちゴムの取り付け場所がわかりません。
画像に目印とかつけて頂くことは可能でしょうか。

お手数ですがお願いできたらと思います。

No title

>ねこ1978さん
>PK-513ユーザーさん

ゴムシートが白色なため、わかりにくかったですね。
後ほど写真を差し替えますのでご参考ください。


画像加工方法ですね、自分のやり方でよければ本日記事を書きますね。
なお、自分の自炊方針は

「なるべく作業工程を少なく」
「長く続けられるように」
「時間をかけずに」
「だけど必要な情報は全部残す」

というやり方ですので、研究者や高クオリティ向けではありません。

No title

画像差し替えました、あまり変わっていませんが…

あと画像加工方法も記事にしておきました。

No title

管理人様
目印ありがとうござます、大変わかりやすくなり感謝しております。
私も、本日「PT6176」と「FUJITSU ScanSnap S1500」を手配しました。
その他の部分も参考にさせていただき、蔵書を電子化したいと思います。

「なるべく作業工程を少なく」
「長く続けられるように」
「時間をかけずに」
「だけど必要な情報は全部残す」
自分に必要な点が、すべて当てはまっております。
機器の到着までにこのサイトにて復習をさせて頂きます。

No title

ゴムシート大変参考になりました。
ただ細かい点ですが
>なので摩擦の起きにくいゴムを使う、ということです。
のところは「摩擦が大きくなる」あるいは「ズレが起きにくい」でないと意味が…

No title

>maxwel さん

ありがとうございます、修正しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:白
スキャナ:DR-2510C
裁断機:PT6176
スキャンソフト:BTScan
画像加工:藤 -Resizer-、ChainLP
保有漫画:約5000冊

@kuhaku_sanでツイッターもやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。